髪にも根にもトリートメントを?(パキプス実生植え替えその2)

  • URLをコピーしました!

昨日からの続きです。

ポットを切り取りながら葉植え替えていきます。

こちらも見えにくいですがパワータンクモリモリです。

今回は根をだいぶ傷つけてしまいました。(汗;

鉢が足りず、慌てて調達した鉢に植え替えしたものがこちら。

一番モリモリだったものがこちら。☟(茎は鉛筆より少し細いぐらいです。)

植え替え出来なかったものがこちら。☟

こちら☟は全景

目次

根のトリートメントについて

  • 2日間水を上げずに傷口を乾燥させます。(現地球ならルートンを塗布しておきます)
  • 2日後、鉢底から泥水が出なくなるまでしっかり水を与えます。
  • 水をしっかり切った後にオーソサイド、メネデール、HB-101の混合溶液を鉢底から出てくるまでたっぷりかけます。
  • しっかり水気を切って1から2日放置します。
  • そのあとは通常の水やりで管理。
  • 植物の種類、鉢の様子、季節によっても変わりますが、パキプスの発育シーズン中は1日1回の水やり、1週間から2週間に1度は必ず土の汚れ、液肥をしっかり洗い流す。(肥料やけ防止。腐敗有機物の除去。)
  • 洗い流したあと新しい、液肥を与える。

液肥の材料はこちら☟で買ってもらえると嬉しいです

フローラ(Flora)
¥2,400 (2024/05/20 23:17時点 | Amazon調べ)
アリスタライフサイエンス
¥1,991 (2024/05/18 14:42時点 | Amazon調べ)
メネデール
¥1,045 (2024/05/18 15:45時点 | Amazon調べ)

土について

屋内管理なのでコケ対策、虫対策、におい対策用の配合にしています。

  • 培養土などの有機肥料は使わない。(臭い、コケ対策)
  • 鹿沼土は使わない。(コケ対策)
  • 硬質の赤玉土(苔が生えにくい)
  • ひうが土(苔が生えにくく通気性排水性に優れている。)
  • マグァンプK大粒(みんな大好き。根が当たる位置に混ぜ込む。)

屋内管理では「鹿沼土は苔が大量発生する」こと、「培養土についても苔、腐りが激しい」ので使わないことをお勧めします。

赤玉土とひうが土の配合比は赤玉2、ひうが土1の割合。

マグァンプKは必ず根が当たるところに混ぜ込むこと。

理由は、マグァンプKは根が出す酸でマグァンプKが溶け出すようにできているからです。

鉢の上に置いたり、鉢底においてもあまり効果はありません。よく混ぜて使うことをお勧めします。

土の材料はここから☟買ってもらえると嬉しいです。

ひゅうが土販売
¥1,219 (2024/05/18 02:12時点 | Amazon調べ)
ハイポネックス
¥1,916 (2024/05/18 20:54時点 | Amazon調べ)

化粧砂は

考察

パキプスの根はモリモリですが、私の毛根は瀕死です。

根にはトリートメント大切ですが、毛根にはトリートメントいらないと思っています。

実は私。人体実験をしています。

薄くなり始めてから、シャンプーをやめて薬用せっけんミューズで頭を洗うようにしています。(全身くまなく)

かれこれ2年くらいたちますが、薄毛(アッ。言っちゃった。)の進行は止まっています。

増えもしないですが減りもしていません。多分。きっと。

シャンプー良くない説。あると思います。

トリートメント⇒トリックオアトリート⇒ハロウィン。昨日の曲はHelloweenのエリコの壁を破壊しているジャケット。ポット破壊。そしてHelloweenのカイハンセンも毛根が弱そうです。何とかいろいろ回収出来ました。

追想:初めてGammarayのライブを見に行ったときにファンから時おり「葉ゲー!カッコいい!!」と聞こえた時の衝撃は忘れられません。

おやすみなさい。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次