噴火開始!(噴火竜)

  • URLをコピーしました!

小平太さん(師匠)から頂いた種。

ユーフォルビア・ビグエリー(噴火竜)~今年は種が採れた! | 小平太1098のブログ – 楽天ブログ (rakuten.co.jp)

☝320万アクセスのモンスターサイトです!

多分毎日1000人くらい見ているのではないでしょうか。

収益化したら相当儲かりそうですが。。。

私のような弱小サイトでも毎月わずかながら収益があります。

安定的にGoogle。スポットでAmazon、楽天、ヤフー。

(近いうちにサイトの立ち上げ方をアップしようと思っています。)

ブログを始める際に、

小平太さんが毎日挙げているのを見て、自分も毎日頑張ってみようと思いました。

コツコツは勝つコツですね。

もうすぐ10箇月ですが何とか続けています。

ということで、噴火竜

ようやく発芽し始めました。

鮮度は申し分ない種です。その場でとっていただきました。

13日目

16日目

18日目。種の物も少し割れてきているものがあるのでもう少し発芽しそうです。

奥のオベサと見分けがつきにくいです。

違いは葉っぱの厚みくらいだと思います。(オベサのほうが若干厚みがあると思います。)

また、今回発芽させるために途中から土に埋めました。

埋めたとたんぐいぐい発芽しました。

多分ですが、ネットでは好光性種子との情報が多いです。

湿潤も十分だったと思うので嫌光性種子なのではないでしょうか。

ユーフォルビア系は嫌光性種子が多いような気がします。

オベサも好光性とのことでしたが、被覆したところとたんに発芽しました。

ダメな時は試す価値があると思います。

次の一粒万倍日は7月8、17、20、29日です。

特に29日は天赦日、大安も重なるので播種にもってこい。

新しいことを始めるには良いかもしれません。

信じていなくても、新しいことにチャレンジしていくことは大切だと思います。

要は気の持ちよう

選日古代中国から続く占術である「萬年曆(または萬年農民暦)」が基になっており、天赦日や受死日等、農民暦と重なる内容が多い[1][2][3][4][5]。しかし一粒万倍日等は日本に農民暦が入ってきた後に独自に作られた信憑性に乏しい内容であり、農民暦には一粒万倍日は存在しない。

「一粒万倍」とは、一粒の籾が万倍にも実る稲穂になるという意味である。一粒万倍日は何事を始めるにも良い日とされ、特に仕事始め、開店、種まき、お金を出すことに吉であるとされる。借金をしたり人から物を借りたりすることは苦労の種が万倍になるため凶とされる。また同じ意味合いで、借りを作る、失言をする、他人を攻撃する、浪費などもトラブルが倍増するため避けるべきとされている。一粒万倍日は数が多いことから他の暦注と重なる場合がある。その場合は吉日と重なると一粒万倍日の効果が倍増し、凶日と重なると半減するという。

一粒万倍日は日本の宣明暦時代には記載されていたが、地方暦によっては記載されていない物もあった。貞享暦以降は暦注から外されたが、新暦が普及してから民間暦に掲載されるようになった。購入した金額の何万倍にも増えるということで、宝くじを買うのに良い日ともされる[6]。一粒万倍日には「本日は一粒万倍日」の掲示を出す宝くじ売り場もある。

一粒万倍日 – Wikipediaより

おやすみなさい。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次